未分類

キャッシングの審査と不可の原因

キャッシングの利用を求めて審査を受けたものの、その結果が「不可」とされてしまった方もおられることでしょう。例えば、主婦が即日キャッシングで不可となった場合など、キャッシングの審査が通らない原因は、キャッシングを行っている会社の基準によって異なってきます。

とはいえ、キャッシング審査が不可になる一番の原因であり、どのキャッシング会社でも共通して言える物は、多重債務となっている事です。つまり、幾つものキャッシング会社と契約していると、新たなキャッシングへの審査が通らないことが殆どなのです。

キャッシング会社の多くでは、他社での契約件数が何件までと、それぞれに定めています。キャッシング会社の規模によっても変わりはありますが、大手では通常3件程度と言われております。

新たにキャッシングを利用したいと思い審査に入る前に、現在何件と契約しているのかを確認されておくことをお勧めします。キャッシング審査の基準にはこの他にも、居住年数や年収と勤続年数といった物も審査対象に入ります。

キャッシングの審査を通過するためには、半年以上の勤続年数があり、さらに年収200万円以上である事が基本となっています。また、居住年数は1年以上となっている所が多いようです。

キャッシングの審査で時に、誤魔化した記入で提出される方がおられますが、裏づけが難しいとしても本当の情報で提出されることが望ましいです。そしてキャッシング審査で重要になってくるのが、これまでにキャッシングに関するトラブルなどが無いかも基準となってきます。

キャッシングなどでの延滞やその他のトラブルは、情報センターに記録されているものです。このトラブル内容が深刻な場合は、キャッシングの審査通過は難しいと思われます。

キャッシングの審査で必要な書類は他にも、身分証明書なども要ります。身分を証明できる物がなかったり、自宅電話や携帯電話がなかったりといった場合、キャッシング審査を通るのは厳しいでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. その他

    アベノミクスが消費者金融に及ぼす影響
  2. 返済

    カードローンの返済時に随時返済を組み合わせるとお得になる
  3. カードローン 状況別

    土日祝日でも、今ぐお金を借りるための5つのポイント
  4. 初めての利用

    キャッシングに必要となる書類について
  5. 消費者金融で失敗しがちな人

    消費者金融

    現役弁護士が語る、消費者金融で失敗しがちな人の7つの特徴
PAGE TOP