基礎知識

カードローンの借り換えの3つのメリットと借り換えをした方がいい人の3つの条件

カードローンは業者によって借り入れの条件が異なってくるのでお金を借りた後に後悔してしまう事も少なくありません。

それで返済している時にもう少し条件の良い業者に借り換えたいと考えるようになります。

 

そんな時に現在お金を借りている業者からもう少し条件の良い業者に乗り換える事をカードローンの借り換えと呼んでいます。

一つの業者からの借り入れを条件の良い一つの業者へ乗り換える事を借り換えと呼んでいますが、複数の業者の借り入れを条件の良い一つの業者に乗り換える事をおまとめとも呼んでいます。

 

このようにカードローンの借り換えがいろいろなケースがありますが、実際にどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

返済する時の負担を軽減する事が出来る

現在カードローンを利用している業者の上限金利の設定が高いと返済する時に負担がかかってしまいます。

それにより返済が困難になってしまう事もありますが、カードローンの借り換えをする時は条件の良い業者を選ぶ事になるので当然上限金利の設定も低い業者を選ぶ事が多いです。

 

上限金利の設定が低い業者に乗り換えると加算される利息が大幅に少なくなるので返済する時の負担を軽減する事が出来ます。

それにより短期間でスムーズに完済する事が出来るようになるのでメリットになります。

借金の管理がしやすくなる

複数の業者からお金を借りている時は返済期日がそれぞれ異なるので月に何度も返済しなければいけません。

それぞれの業者の返済期日を覚えていなければいけないのですごく面倒に感じてしまう事もあります。

また返済期日をうっかり忘れてしまいそのまま滞納してしまいさらに借金が膨らんでしまう事も少なくありません。

 

しかし複数の業者からの借り入れを条件の良い一つの業者に借り換えてしまうと返済期日も月に1日になるのでスムーズに返済する事が出来るようになります。

また借金の総額も分かりやすくなるので管理していく時にすごく楽になります。

 

完済する時は借金がいくらあるのか管理していく事も重要になってくるのでメリットと言えます。

借り換え専用商品の場合は審査の可決率が高くなる

カードローンの借り換えは基本的に借金がある状態になるので審査も不利になってしまう事が多いです。

しかし消費者金融には借り換え専用商品も用意されていてカードローンの借り換えをする事を前提としているので審査が不利になる事はありません。

 

申し込みの時に業者側にカードローンの借り換えをする経緯などをしっかり伝えておけば理解してくれて審査の可決率も高くなります。

カードローンの借り換えをする時はなるべく借り換え専用商品を利用した方がいいでしょう。

 

カードローンの借り換えはこのようにメリットがあるので返済が困難になったと感じる時は検討する事が大切になってきます。

またカードローンの借り換えをした方がいい人の条件もいくつかあるのでしっかり把握しておく必要があります。

 

そこでカードローンの借り換えをした方がいい人の条件を確認していきましょう。

借金が100万円以上ある人

借金が100万円以上ある人は借り過ぎている事が原因になっている事もありますが、利用している業者の借り入れする時の条件が悪い可能性の方が高いです。

借金が100万円以上ある時は上限金利が少しでも高いと借金があっという間に膨らんでしまいます。

それにより返済するのが困難になって債務整理をしなければいけなくなる可能性もあります。

 

借金が100万円以上ある人は利用している業者より借り入れする時の条件が良い業者を見つけてすぐに借り換えをした方がいいです。

他社からの借入件数が3件以上ある人

他社からの借入件数が3件以上あるとそれぞれで金利が発生するので通常より加算される利息が多くなってしまいます。

それによりいくら返済してもなかなか借金が減っていかないので効率が悪くなってしまいます。

 

他社からの借入件数が3件以上ある時はおまとめローンを利用して借金を一つにまとめてしまうと条件が良くなるので返済の負担を軽減していく事が出来ます。

おまとめローンを提供している業者もいくつかあるので他社からの借入件数が3件以上ある人はすぐに借り換えるようにしましょう。

毎月の返済額が収入の3分の1以上になっている

返済する時は収入の一部から賄っていますが、毎月の返済額が収入の3分の1以上になっていると生活するのに支障が出てきてしまいます。

それにより病気など何かアクシデントがあった時に返済不能になってしまうリスクもあるので早めに条件の良い業者に借り換える必要があります。

 

長期間毎月の返済額が収入の3分の1以上になっていると取返しのつかない事になってしまうので注意しましょう。

カードローンの借り換えをした方がいい人の条件はこのようにあるので該当している人はすぐに借り換えるようにしましょう。

 

またこの条件に近い状態になっている人も早めに借り換えた方がいいでしょう。

関連記事

  1. 基礎知識

    カードローン会社から「一括請求」がきても慌てない!契約と金融会社の権利について

    「期限の利益」を知っておこう期限の利益とは、お金を借りた人…

  2. 基礎知識

    カードローンで借入をするために必要な専用ローンカードの受け取りに注意したい

    カードローンの申込み先を検討する際には、金利や返済方法に意識が向きがち…

  3. 基礎知識

    フリーローンの特徴とカードローンとの比較で違いを検証

    お金を借りる時はカードローンを利用するのが基本ですが、銀行ではフリーロ…

  4. 基礎知識

    複数のカードローンへの申込み履歴が信用情報に残っていると…

    カードローンを短期間に続けて申込みしてしまうと、本人の属性情報が良くて…

  5. 基礎知識

    銀行カードローンってどうなるの?問題点と今後の展望について。

    平成29年4月29日の日経新聞などに、銀行がカードローンの融資を抑…

  6. 基礎知識

    SNSで話題の「サブカルローン」とは?

    スルガ銀行のカードローンの特徴サブカルローンの説明に入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  2. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  3. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  1. 利用中の方

    最初の審査だけで安心するのは禁物!カードローンの途上与信とは?
  2. 初めての利用

    即日キャッシング出来るカードローンはじっくり比較して選びたい
  3. 基礎知識

    おまとめローンを利用して複数のカードローンからの借り入れを一本化するメリットと注…
  4. 消費者金融7か条

    消費者金融とトラブル発生!そんな時は?
  5. 職業・性別

    パート主婦でも借りられるおすすめのカードローンは?
PAGE TOP