基礎知識

来店不要でキャッシング契約できる?WEB完結のコツと審査の実情

“Web完結”の流れの基本

大手の消費者金融・銀行系カードローンともに、“Web完結できる”との宣伝文句が踊っています。

手順としては、

1:申込フォーム記入
2:勤務先への在籍確認+審査(状況に応じて収入証明書提出)
3:契約締結

 

急ぎでキャッシングをしたい場合は、契約締結のあと即時〜翌営業日までに預金口座への振込。

その後、簡易書留で送られてくるカードを受け取る流れになります。

Web完結にも条件がある

Webでキャッシング契約締結までを済ませるのにも、実は審査部門側で用意された条件をクリアしなければなりません。

その一つに、申込限度額があります。

ある一定の金額を超えた借入を希望すると、「何かただならぬ事情があるのではないか」と審査部門は考えます。

 

下記に例示するのは、一般的な消費者金融の「審査の目が厳しくなる基準」です。

  • 安定した収入のあるかた…50万円
  • 兼業主婦…30万円
  • 専業主婦…10万円

これら”基準額”を超える申込の場合、他社の返済状況・これまでのローンの支払い状況に問題が無くとも、来店による本人確認・キャッシング利用目的確認を行うケースが往々にしてあります。

 

こと注意したいのは、個人事業主の申込です。

このときは、審査過程で来店を求められる可能性が極めて高いと言えます。

その理由は、個人向けキャッシング商品の利用規約にあります。

 

原則としてすべての金融会社で「事業資金につかってはならない」という取り決めをしており、それに違反しないかを慎重に確認したい…というのが、個人事業主に対する金融会社側の考えとなります。

それでは、確実にWebと電話のやりとりだけで審査を終えるためには、どうすべきでしょうか。

来店不要で契約にこぎつけるコツ

来店が必要となるかどうかは、実際にカードローン申込〜審査段階に進んでみるまで分かりません。

ここでは、Webからの申し込みの際に気をつけたいポイントを上げていきます。

申し込み限度額

前項でも説明いたしましたが、他社借入額を鑑みて、なるべく少額での申し込みを検討しましょう。

他社借入がなく・これまでに支払い遅延を起こしたことのないかたでも、80〜100万円の大台は警戒されやすくなります。

個人事業主の方の注意点

事業内容をきちんと説明できるものを入念に準備しておくのが、Webと電話のみで契約完結させるポイントと言えます。

行政許可を必要とする業種であれば「許可証」、月々の収入が印字されている通帳・所得(課税証明書)などは、求められればすぐに画像提出できるようにしておきましょう。

 

顧客との契約書も、業務上の守秘義務に反しない範囲で提示できれば、よりよいと言えます。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. キャッシングはATMから返済したい!手数料概要・よくあるお悩…
  2. 学生がカードローンでお金を借りられる条件・方法の徹底解説
  3. 来店不要でキャッシング契約できる?WEB完結のコツと審査の実…
  4. 借金の取り立てが怖い人へ…概要説明と対策
  5. スマホ完結で借りられるカードローン。スマホキャッシングの方法…
  1. 基礎知識

    カードローンと学生の関係は就職時にも影響が出ないことを前提にしたい
  2. 手続き

    借り入れ時の審査、ここが見られる5つのポイント!
  3. 基礎知識

    カードローンで借入をするために必要な専用ローンカードの受け取りに注意したい
  4. 基礎知識

    来店不要でキャッシング契約できる?WEB完結のコツと審査の実情
  5. 基礎知識

    キャッシングはATMから返済したい!手数料概要・よくあるお悩みについて
PAGE TOP