初めての利用

アイフルの審査を受ける前に自らの信用情報を確認したい

消費者金融として長い歴史を持つアイフルは、審査の柔軟性に定評がある大手消費者金融の1つです。

全国に自動契約機を設置して、インターネット経由での申込みも出来る状態にありますが、審査基準は非公開です。

 

アイフルへの申し込み前に、自分自身の現状を把握して申込先として適切か判断しましょう。

アイフルの利用限度額が5万円に制限されてしまうケースを知る

アイフルに申し込み可能な年齢は、20歳から69歳までの安定した定期収入がある人に限られています。

アイフルに申し込みを行った後で、順次行われる審査には、属性情報を基にしたスコアリング審査に加えて、個人信用情報機関へ信用情報照会を行って過去の金融取引履歴を確認する作業も含まれます。

 

利用限度額設定の最低値は、アイフルの場合には5万円に設定されていますが、5万円未満しか融資出来ないと判断されてしまうと、審査落ちとなる点に注意が必要です。

利用限度額設定がアイフルから5万円と設定されてしまう状況は、審査落ちギリギリの状態を意味します。

 

ポイントとなることは、収入はあっても定期収入と認められないと、利用限度額アップは狙えません。

賃貸物件の家賃収入や投資による収入だけでなく、インターネットを利用した収入についても定期収入とは認められないので、収入証明書の提出を行っても利用限度額が5万円に制限されてしまう可能性が高いわけです。

個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って自身の状況を把握しよう

アイフルは消費者金融ですから、貸金業法に基いて融資業務を行っています。

改正貸金業法で定められた総量規制に抵触する融資を禁止されているので、年収の1/3を超える利用限度額の設定は出来ません。

 

消費者金融が加盟している個人信用情報機関のJICCに対して信用情報開示請求を行えば、過去の金融取引履歴と他社に届け出ている個人情報や年収情報が掲載されています。

総量規制に抵触しているかどうかは、信用情報開示請求を行えば自分で確認出来るので、転職に伴い収入がアップしているならば、アイフルへの申込時に収入証明書を求められていなくても、自ら進んで源泉徴収票や給与明細書を提出すると良いでしょう。

 

アイフルへ申込みを行なう際に、個人信用情報機関へ登録されている内容と相違点があれば、審査落ちの原因となりやすいです。

事前に信用情報を確認しておけば、辻褄が合わない申込内容となることは避けられます。

 

アイフルの審査を通過するためには、いかに正確な情報を正直に申告できるかが重要です。

関連記事

  1. 消費者金融体験談 

    お金に関する怖い話

    【体験談】彼が、私と消費者金融から借金。理由はパチンコ。結末は…

    彼のウソ当時、私には彼氏がいました。というよりも、その彼が今の旦那…

  2. 初めての利用

    家族にキャッシングの借金バレするケース・絶対にバレないようにする方法

    郵送物でバレるケース借金の事実が家族にバレるきっかけとして…

  3. 女性専用キャッシング

    消費者金融

    女性専用キャッシングは女性におすすめのサービス!

    レディースデーなど、最近は女性をターゲットにしたサービスが増えています…

  4. 初めての利用

    家族に知られず借金をしたい!カードローンの郵送物を止める方法について

    ネット契約で郵送されるものインターネットでお金を借りる場合…

  5. 初めての利用

    パート主婦にもオススメ!キャッシングで借入もラクラク

    急にお金に困ることってありますよね。そんな時に役立つのがキャッ…

  6. 在確不要のキャッシング

    初めての利用

    在籍確認なしのキャッシングと、それに関わる希望金額の関係

    キャッシングの申し込みをしますと、たいてい金融会社による在籍確認があり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 職業・性別

    カードローンの申込み先選びは自営業ならば慎重に
  2. その他

    国による給付型奨学金。月3万円で足りるのか?
  3. 基礎知識

    カードローン選びは返済方法に着目する方法もおすすめ
  4. 基礎知識

    銀行カードローンの保証会社は消費者金融が多い理由と審査をする時にポイントになる点…
  5. 基礎知識

    カードローンの金利を徹底解説!消費者金融と銀行カードローン借りるならどっち?
PAGE TOP