返済

キャッシングは返済方法次第で返済総額が変わる

キャッシング契約を申込む際には、金利が低いことだけを気にする人が多いです。

確かに低金利なほど年間に掛かる利息額は少なくなりますが、返済期間が長くなればいかに低金利であっても総利息が増えてしまうことに気づくべきです。

同一金利かつ同一借入額であっても、返済方法次第で返済総額が増えてしまいます。

 

返済方法を自分で管理出来れば、完済が見えてくるでしょう。

残高スライドリボルビング方式は金融業者に有利な返済方法です

キャッシングの契約内容を見ると、多くの金融業者が残高スライドリボルビング方式を採用していることに気が付くでしょう。

定率返済方式を採用している金融業者も一部にありますが、元金均等返済を採用している会社を探すことは困難です。

 

残高スライドリボルビング方式は、毎月の締め日時点における借入残高に応じて最小返済額が決まる返済方式です。

毎月定額返済を行った場合と比較すると、返済を続ける間に最小返済額も段階的に少なくなる仕組みがあります。

最小返済額の内訳を確認すると、元金返済額と利息の合計となっているので、最小返済額が少なくなれば利息の割合が増えることが分かるでしょう。

 

残高スライドリボルビング方式では、最小返済額に含まれる利息の割合が一定ラインを下回らないように計算されているので、返済回数が長くなり金融業者に有利な返済方法です。

理想は元金均等返済方式と知っておきたい

最も総返済額を抑える方法として、元金均等返済があります。

銀行の目的別ローンや住宅ローンの一部で選択可能となっていますが、キャッシングで採用されている会社を探すことは難しいでしょう。

 

元金均等返済方式は、毎月一定額の元金を返済するので、追加借入を行わない限りは借入残高を返済元金で割れば返済回数が求められます。

借入残高が多い間は、利息額が多くなるので返済額が大きくなり、返済を続けるうちに毎回利息額が減って返済が楽になります。

ある程度の元金返済額を設定出来れば、最小返済回数で完済出来るわけです。

 

金融業者にとってみれば、早期完済となってしまうので、利息を多く取れないために採用していないわけです。

随時返済を利用して元金均等返済を目指そう

残高スライドリボルビング方式や定率返済方式を採用しているからといって、悲観することはありません。

キャッシングの利用規約を確認すれば、随時返済に関する項目が見つかるでしょう。

 

カードローン商品では、利用限度額の範囲内で繰り返し貸し借りが出来る仕組みが採用されているので、返済に関しては繰上げ返済も自由に行える仕組みが採用されています。

住宅ローンで繰上げ返済を行なうと手数料が掛かりますが、カードローン商品では手数料無しで繰上げ返済が出来るわけです。

 

毎月の約定返済額から元金返済額を確認し、目標元金返済額を設定して差額を随時返済として追加返済すれば、自分で実質的な元金均等返済を行なうことが出来ます。

完済を目指すならば、毎月の返済額では無く、元金返済額に目標を定めて随時返済を積極的に活用すると良いでしょう。


関連記事

  1. 返済

    無理のない返済計画

    消費者金融のCMでは必ず「無理のない返済を…

  2. 基礎知識

    キャッシング一括返済のメリット・多めに返す&完済するときの注意点

    金融会社の本音は「まとめて返してほしい」キャッシング商…

  3. 基礎知識

    カードローン完済までの毎月返済額&回数は?計算する前に知っておきたいこと

    約定返済額(毎月返済額)とは毎月返済額とは、多くの場合手数…

  4. カードローンの繰り上げ返済

    返済

    カードローンの繰り上げ返済について知っておきたいこと・上手に返済するコツまとめ

    繰り上げ返済をしたほうがいい人とはまずは契約時の書類で「返…

  5. 返済

    「約定返済額」に惑わされない!利息を意識して返済しよう

    「返済は月々3000円から」のワナキャッシングの新規契約後、1…

  6. 返済

    返済が遅れそう!カードローンの延滞状況別の対応法まとめ

    延滞してしまうパターン1「思わぬ出費」冠婚葬祭への出席などで急…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 個人事業主が借りやすい事業性カードローン3社の紹介
  2. 外国人がお金を借りるための基礎知識
  3. カードローンの金利は複数の要因で決まる
  4. アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと
  1. 消費者金融で失敗しがちな人

    消費者金融

    現役弁護士が語る、消費者金融で失敗しがちな人の7つの特徴
  2. 消費者金融

    一見よく似ている銀行カードローンと消費者金融、違いは何?
  3. 基礎知識

    複数のカードローンへの申込み履歴が信用情報に残っていると…
  4. ニュース

    その他

    「貸付残高、4分の1に激減=改正貸金業法成立10年-消費者金融」2016年12月…
  5. 基礎知識

    スマホアプリでスムーズ&秘密でキャッシング!おすすめカードローン2種の紹介
PAGE TOP